*『MY BOOM は BOWLING』

 登山以外に何か運動しなきゃ・・・テニスにしようか悩んだが決断したのが冬だったせいもあり、ボウリングになった。My BallとMy Shoesも買うほどの気合いの入れよう。
 若い頃調子の良い時に、200越えが2回あったが、昔のノリだけで放るとunder 100とかで参っちゃう、っってか恥ずかしい(^ ^;
 近くにクロスポができた。最近料金改悪が起こり1時間千円遊び放題なんだが、以前は10分150円だった。気合い入れて1人でガンガン放っていると10分1ゲームできるので1時間で5ゲームできて900円は安い! 昨日は夜間パック3時間1,500円で6G放った。(約70分) まだOKだったがさすがに翌日腕に来るので止めた。
 1回まさかの90、最高が178、アベレージ131・・・スペアが安定しないんだよね・・・10番ピンが特に鬼門で・・・
 ちなみに、周囲を見渡すと両手投げが増えたなぁ、って感想。ガーターギリギリを攻めて気持ちよくストライク取るとこ見ていると、もっと若ければチャレンジしたのになぁ、って思うよ。


www.youtube.com

*『In my HEAD』

IN MY HEAD



 今あなたの頭の中を円グラフで表現すると・・・というお題があった。ネットでもググってみた。この円グラフは「京都八幡の印刷屋のヨメブログ」(https://blog.goo.ne.jp/93522807_001/e/845d540202cb762a44575f48c1563f80)からの引用・・・
 近くのDCが描いたのを見ると、「サッカー・ゲーム・眠い」が夫々1/3。他のDCも見たが似たり寄ったり。そりゃあ大人に見せている時点で「ホンネ」は書いてないだろうが、それでも「恋人」のこととか、大好きなアニメの続きなんか気になっていないのかい? ついでにJCだとさすがに、「ゲーム」は無いだろうと思ったが、結構ゲーム中毒患者はいる。ギャンブルとかは圧倒的に男が多いと思うが、それも今は昔、なのかもね。(パチ屋にも雀荘にも女性進出が著しい)

 ・・・で、あなたならどう答える? 子どものこと? 趣味? 次のバカンスで行くところ? 振り返って自分はどうだろう?と、見つめ直してみた。すると、


 すると「何も無い!」 これにはビックリした。少し前までは今夏「JR西」が売っているグリーンパス5日間で、芸備線姫新線など中国地方内陸部の鉄分補給を考えていたのだが、2024年未発売と知った! そのため今、私の頭の中は「消しゴムのかす」しか見つからない。敢えて言えば、「風呂上がりのビールが美味しいなぁ」くらいか・・・

  学生時代は勉強も大変で頭の中には次の試験がいつも駐留していたが、それでも好きな異性だって指定席を占領していたもんだが。それって生物界の「サガ」が為せるワザなのか、「人は人を愛せないと生きていけない」なんて若いとき思ったが、年を重ねると、恋愛の占めるウェイトが減っていても気にならなくなった。
 さあ、あなたならどんな『In my HEAD』を描く!?

 *『透明な夜の香り』(千早 茜著)

   私が欲する、「人が死なない小説」だ。読み始めて、アロマの話が出てきて、こりゃあ女流作家の匂いがプンプンする作品だ。男には書けないようなジャンルなんだよなぁ。
 犬の嗅覚を例えると、人が「今夜はカレーだ」と思うのに対し、犬は「カレーの中の具は人参にタマネギ、ジャガイモ、肉はチキンだね」と言い当てることができるらしい。
 そんな犬並みの嗅覚を持っている人が主人公。その彼女が勤務することになった家の主人。少しでも香りを持った人が務められるわけもなく、今まで応募した女性は悉く落選したが、化粧には無頓着の主人公が合格して身の回りの世話をしていくことに。
 匂いを通して質問者の悩みを解決したり、人生をより良くしていこうとしている。何より、兄の自殺を未だに抱えている主人公を、どう救っていくのか? 救うことは叶うのか? 
 今回図書館で借りて読んだのだが、自分の前に少なくとも10人のJCが読んでいたらしい。活字離れが叫ばれて久しいが、日本も捨てたもんじゃないな。

 

 

 *『メカニック』

 

 

    ジェイソン・ステイサム主演。クールにバシバシ殺していくイメージ、一体あんた映画の中で何人、いや何百人殺しているの? その手のB級映画出まくりなのでスティーブン・セガールのように堕ちていくのではと密かに心配。
 ちな、勉強不足で申し訳ないがチャールズ・ブロンソン主演作のリメイクなんだそうだ。恩人が組織を裏切って私腹を肥やしているので暗殺せよの命令(つい最近このパターン観たなぁ・・・でもタイトルも思い出せないのが暇つぶしのB級アクション)で殺害する。その息子が殺し屋に弟子入り。成長して腕の立つ暗殺者になっていくが、そのうち自分の父親を殺したのは師匠であるジェイソン・ステイサムだと(当然のことだが)知ることになる。さあ仇を討つか?
 韓国映画にもありそうな内容。結構グロイシーンもあるのでお気を付けて・・・!

*『ノイズ』

 「デスノート」共演した藤原竜也松山ケンイチW主演。刑事には永瀬正敏。さらに神木隆之介までも出ているので話題になった。あまり期待しないで見始めたが、面白かった。ちなみに原作は読んでいない。
 過疎に悩む小島が舞台、っていうのも現代的。村の若者(藤原竜也)が栽培に成功した黒ザクロを起爆剤に村おこししていこう、って矢先の1つの事件をきっかけに全てが狂いはじめる・・・
 こんなトラジディあるあるなんだが、それだけに終わらずラストにどんでん返しが待っているとは思わず。よくできている。演技も皆上手だった。

 

 

*『丹沢山系②塔の岳』

 GWは百名山。だけど近場の(残雪の無い)百名山は殆ど登ってしまった。
 2年前ヤビツ峠から丹沢目指したが、県道70号線が台風被害で閉鎖されたまま。仕方なく道志に向かって蛭ヶ岳に登ったが、丹沢山は未だ。今回ヤビツ~塔の岳、元気ならそのまま丹沢の往復ピストンを狙った。
 宮ヶ瀬経由で県道70号線目指すのも2年ぶりなので早朝少し不安。しかも狙いはヤビツの手前菩提駐車場。ナビも無く何とか辿り着けば車も未だ2~3台は駐車可能。登山峠を出すところも無く不安は募る。
 二の塔まで約50分。疲れたがまだなんとか。途中トレイルランを上半身裸で走っている人いて、その人のせいか上から何か降ってきた。ヤマビルだ。石で殴打して殺したが、もういるのか・・・さすがヤマビルの聖地・・・!

二の塔から三の塔へ、下って登り返し


 三の塔からは行く先の塔の岳頂上までよく見える。折角苦労してきて登ってきたのにここから山を下って登り返し・・・登山していて大キライな奴だ。見ているだけで心が折れる。ここからは登山道も鎖場あり、痩せ尾根あり(穴が空いていたり、崩落していたり・・・)。

鎖場ー!

何年後か崩壊してそう




 それでもこの日快晴、午前風も無く、目の前には絶景の富士山が(富士山を見るとどうしても写真を撮ってしまうが、はっきり言ってどれもあまり代わりばえはしない)。

雲一つ無い富士山

 

新大日



 新大日、というプロレス団体の名前のようなところで休憩後、最後の難関に挑む。今回は本当に足がダメダメで、結構な人に道を譲った。しかもその人達に追いつけない。鎖でつながれた奴隷のように遅い足取りで、山頂到着11:20。休憩込みで丁度4時間。

山頂だよん



 
 山頂から丹沢が2.6km先に見えるが往復5kmって、遭難事故にあいそう・・・

あそこまではもう歩けない



 下りはいつもは好きなんだが(山登りより、山下りが好き!)、三の塔への登り返しが憂鬱。登山道は遅めの出発が多いのか、予想もしなかったヤビツ峠経由の登山客多数。聞けば行きの鎖場で行列30分待ち。ホントに多くて登り客すれ違い待ちいっぱい。
 さて登り返し中、右足の大腿四頭筋が攣りはじめて慌ててマッサージしたり、座って休めたり。でも足曲げてると、足の裏側が攣りはじめるし、よくこんなんで槍ヶ岳とか登ってきたなぁ・・・
 最後二の塔分岐どっち行くかで少し迷ったけれど、歩いていて見おぼえのある光景(子ネズミの死骸に山とたかるハエだとか)に間違っていないとホッとする。何だかんだ言って下り3時間。3時前に帰京。帰宅してシャワー浴びて夕方から食事前の缶ビールはサイコーだね。しかし丹沢山に登るのはいつのことやら・・・
 P.S.ヤマビルには今回もヤラれてないようだ、たぶん。知らんけど。

*『シャークネード シリーズ』

 見るでもなく、帰宅するとTVをつける。つまらないニュースや大谷さんを延々と流しはじめると、BSテレ東とかBS11・BS12のようなキワモノに頼ることがある。
 土曜はBS12で「シャークネード」を連続でやっていた。
 ハリケーンで巻き上げられた巨大シャークが飛行機にぶつかったり(その際必ず人を食う)、2作目では地下鉄を襲ったり(電車のアルミ車体を食い破るくらい強いぞ、シャーク!)。あまりの馬鹿馬鹿しさ。主人公達はキャーキャー泣き叫び逃げ回るが、頑丈なビルに逃げ込めばよいのに。サメばかり巻き上げられているが、巨大マグロとかないのか? イルカやゴマフアザラシはどうなんだ!?
 パニックになればハリケーンとサメの組み合わせ、ありなのかな? それなら火山の爆発も入れて「ボルケシャークネード」でもいいのかな? オーメンとか貞子も入れればいいのに。
 ちなみに今日日曜、明日月曜も2話ずつ、全6作放映。BS12にもなると、怖い物なしだな。


www.youtube.com